Canlendar

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook

アーカイブ

Mac ProにHigh Sierraをクリーンインストール

買った時はSierraだったMac Pro。その後High SierraにアップデートしてからたまにKernel Panicで落ちるようになった。

たいてい何もしてない時にすっと落ちて再起動してしまう。いったいなんなんだろ。

ググっても同じKernel Panic事例は見当たらず。orz
NVRAMリセットしても改善せず。orz
10.13.2になっても改善せず。orz

ということでHigh Sierraをクリーンインストールすることにしました。

まずはCCC (Carbon Copy Cloner)の体験版を使って、外付けのSSDドライブに内蔵のSSDのクローンを作成。
Time Machineにバックアップあるんだけど、この方がリカバリ早いんで。^^

バックアップ(クローン)が取れたらMac ProにHigh Sierraをクリーンインストール。
外付けSSDに取っておいたバックアップからアプリとかを移行アシスタントで戻します。
さすがSSD同士、最高で300MB/sくらい出ます。^^

AC0T1325.jpg

これでスッキリほぼほぼクリーンなHigh Sierra環境になったはずです。

どうかKernel Panic治ってますように。

2017年もいっぱい撮りました

2017年は公私ともにトータルで71,236ショットでした。(ちなみに去年は68,264ショットでした。)
採用したショットは4,911枚でした。たくさん撮っても使えるのは1割にも満たない。

カメラ別だとこんな感じでした。
1D X markIIを導入したのは8月だけど、意外と撮ってた。

Canon EOS 6D 39,379
Canon EOS 1D X 17,531
Canon EOS 1D X markII 14,326

レンズ別だとこんな感じでした。
やっぱ便利な24-105mmがダントツ。でもこのレンズ、使いすぎてだいぶガタが来てる。

Canon EF 24-105mm F4L IS USM 37,487
Canon EF 70-200mm F2.8L IS II USM 17,984
Canon EF 24-70mm F2.8L II USM 12,612
Canon EF 16-35mm F2.8L II USM 2,372
SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM  781

2017年は、写真編集に愛用してたiMac (Late 2009)が壊れてMac Proを導入(追加のThunderbolt Displyaも)したり、1D Xが故障して修理待ちの間に1D X markIIを導入したり、気づけばエライ出費な年でした。

その新入りのお二方達。

AC0T1340.jpg
来年は機材の性能アップ以上の写真を撮れるように精進して参ります。

G-Technology HDD交換

何度か復旧をしてみたけど、やっぱりダメになっちゃうのでドライブを交換。
もう5年使ってるんでHDDは寿命ですね。

G-Technologyなので当然ドライブはHGST製。でも交換するドライブはお気に入りのWD Red。
容量は2TBから4TBにアップ。

AC0T1165.jpg

AC0T1166.jpg

AC0T1172.jpg

AC0T1176.jpg

AC0T1177.jpg

1DX修理完了

修理に出してからなんの連絡も無く不意に戻って来ました。
基板ユニット(FP)交換って、何が故障していたんだろ。全然わからんけど。まぁいいか。
修理費26,600円。高くなくて良かった。

Canon EOS 1D X Mark2 導入

先日撮影で1DXの電源が突然落ちて動かなくなる故障が発生。使い始めて約5年。

そこで急遽1DX2を導入。
去年の発表時に迷ったけど、望んでたようなスペックアップじゃないから入れ替えをパスしてたのに。。

I got a 1DX2.

とりあえず最初に感じたことを並べてみます。

  • ライブビューのAFが激早になってビックリ。これは使える。
  • GPS付いてるけど要らない。
  • USBが3になってる。でもカードリーダー使うから。
  • CFastカード挿せるけどRAWで連写とかしないから要らない。
  • シャッター音は相変わらずデカイ。
  • ソフト動作(サイレント)にしてもシャッター音はやっぱりデカイやないかっ。(やっぱ6Dのサイレント最強だと再認識。)
  • 暗所(-3EV)でのAFが強くなった。でも6Dも同じ性能。
  • ISO AUTOに設定できる範囲は同じ(100~51200)。 でもDIGIC 6+の性能に期待。
  • 画素数がアップ。1810万画素 → 2020万画素。どうでもいい。
  • 連写が12コマ/秒から14コマ/秒になった。どうでもいい。6コマにあえて落としてるし。

あれ?ネガティブ意見多数。w
スペックに現れない部分でブラッシュアップに期待してます。耐久性とかっ。^^

1DX故障

なんと1DXが、現場で撮影を開始して数枚撮ったところで電源が落ちて動かなくなってしまった。
バッテリーかと思ったけど交換してもダメ。

撮影はEOS 6Dだけでなんとかこなす。

とりあえず修理に出すとして代替えをどうするか。。
IMG_0146.jpg

Canon EOS 6D Mark II発表

Canon EOS 6D Mark IIが発表された。^^
EOS 6Dを使ってる僕的にはここが魅力的。

常用感度の上限がISO25600からISO40000に向上
これは新しい映像エンジンDIGIC 7と相まって高感度領域がさらにキレイになるんじゃないかと期待できる。

AF測距点が大幅に増えた
6Dは11点でクロスは中央1点のみ。これが45点になって全てクロスセンサー!
でも縦位置と横位置で異なるAFポイントを指定できるのか不明。これができないなら僕の場合は中央1点しか使えないんで魅力にならない。

バリアングルLCD
ライブビューでもAFが早くなったらしい。バリアングルLCDと相まって、たまに役に立ちそう。

発売は8月上旬だそうです。

僕の場合、画素数のアップとか無線通信がBLEに対応したとかはあんまり魅力じゃない。
だから今のところ買い換えることはなさそう。
どちらかといえば、やや暗所でのAFが鈍いEOS 1DXを1DX Mark IIに入れ替えた方がハッピーかもって感じてる。

ラズパイとスマートメータの通信ができた

自宅のスマートメータとラズパイを繋いで電力量を見てみようと思って、中部電力からスマートメータの認証情報が届いてたけどすっかり忘れてた。

ということで、久々にラズパイをいじってみました。
USBに繋いだWi-SUN USBドングルにUSBシリアルでアクセス。認証情報を送ってスマートメータとセッションできることが確認できました。

まずはここまで。
IMG_0110.jpg

USB3なハブとカードリーダー

USBハブとカードリーダーをUSB3対応の物に換えた。

USB3ハブはAnker製で、7ポート+充電専用ポート3つ付き。
充電ポートは2.1A。iPadなんかもスルッと充電できちゃう。

USB3対応のカードリーダーはBuffalo製。
確かにUSB2より早いわ。

USB3 Hub and Card Reader

新しいシュコシュコを買った

なんか最近赤いホコリが乗るなぁと思ってたら、犯人はブロアー自身だったという。

このブロアの特徴でもあるし、選んだ理由でもあった赤いライン。
こいつが剥がれてきてる。

もうかなり使い込んでるから、まぁこんなもんだろう。

ということで新しいブロアを購入。
以前のはエツミ製。今度はハクバのものにしてみた。

ほぼ同じ大きさ。
使ってみると若干ハクバ製のブロアーの方が僅かに風の勢いが強いみたい。いい感じ。

左が新しいブロアー。オレンジのラインがアクセント。
new blower (left)