Canlendar

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook

アーカイブ

Canon EOS 6D Mark II発表

Canon EOS 6D Mark IIが発表された。^^
EOS 6Dを使ってる僕的にはここが魅力的。

常用感度の上限がISO25600からISO40000に向上
これは新しい映像エンジンDIGIC 7と相まって高感度領域がさらにキレイになるんじゃないかと期待できる。

AF測距点が大幅に増えた
6Dは11点でクロスは中央1点のみ。これが45点になって全てクロスセンサー!
でも縦位置と横位置で異なるAFポイントを指定できるのか不明。これができないなら僕の場合は中央1点しか使えないんで魅力にならない。

バリアングルLCD
ライブビューでもAFが早くなったらしい。バリアングルLCDと相まって、たまに役に立ちそう。

発売は8月上旬だそうです。

僕の場合、画素数のアップとか無線通信がBLEに対応したとかはあんまり魅力じゃない。
だから今のところ買い換えることはなさそう。
どちらかといえば、やや暗所でのAFが鈍いEOS 1DXを1DX Mark IIに入れ替えた方がハッピーかもって感じてる。

ラズパイとスマートメータの通信ができた

自宅のスマートメータとラズパイを繋いで電力量を見てみようと思って、中部電力からスマートメータの認証情報が届いてたけどすっかり忘れてた。

ということで、久々にラズパイをいじってみました。
USBに繋いだWi-SUN USBドングルにUSBシリアルでアクセス。認証情報を送ってスマートメータとセッションできることが確認できました。

まずはここまで。
IMG_0110.jpg

USB3なハブとカードリーダー

USBハブとカードリーダーをUSB3対応の物に換えた。

USB3ハブはAnker製で、7ポート+充電専用ポート3つ付き。
充電ポートは2.1A。iPadなんかもスルッと充電できちゃう。

USB3対応のカードリーダーはBuffalo製。
確かにUSB2より早いわ。

USB3 Hub and Card Reader

新しいシュコシュコを買った

なんか最近赤いホコリが乗るなぁと思ってたら、犯人はブロアー自身だったという。

このブロアの特徴でもあるし、選んだ理由でもあった赤いライン。
こいつが剥がれてきてる。

もうかなり使い込んでるから、まぁこんなもんだろう。

ということで新しいブロアを購入。
以前のはエツミ製。今度はハクバのものにしてみた。

ほぼ同じ大きさ。
使ってみると若干ハクバ製のブロアーの方が僅かに風の勢いが強いみたい。いい感じ。

左が新しいブロアー。オレンジのラインがアクセント。
new blower (left)

今Mac Proを選ぶべきでない4つの理由

iMacが壊れちゃったので買い換えを強いられたけど、今Mac Proを悩んでる人がいるなら買うのを控えるべきだ。その理由4つ。

USBが3.0

今時USBが3.1でもUSB-Cでもないなんて悲しい。

Thunderboltが2

やっぱりUSB-C (Thunderbolt3)であって欲しい。
Thunderbolt端子の付いた周辺機器もUSB-Cによって早いうちに淘汰されそうだし。

モデルがLate2013のまま

つい先日アップデートされた(4コア→6コア、6コア→8コア、GPUもアップグレード)けどモデルはLate2013のまま。
つまりアップデートされたMac Pro買っても発売から4年近く経つモデルに変わりはない。だとするとOSの対応寿命はあと4年くらいかも。
※これは僕も誤算でした。先に届いたApple Careを見て知りました。orz

来年新モデルが出る

Appleが正式にアナウンスしたから間違いないだろう。
現行のMac Proは来年には旧モデル。インタフェースにはUSB-Cが搭載されるだろうし、拡張性も高いものになりそう。

Mac Pro導入

新しくMac Proを導入。

Mac Pro

というのも、長年使ってきたお気に入りのiMac (Late2009, 27インチ, Core i7) がとうとう壊れてしまったから。

先日急に画面が乱れ始めた。外部ディスプレイはなんともないから液晶コントローラ周りの故障かな。

さすがにもう古くて、今使ってるmacOS Sierraでサポート終了が分かっていたので次どうしようか検討してた矢先だった。

10月に新しいiMacが出るとか、Mac Proが来年リニューアルされると発表されたりで、今この時期に壊れるなんてタイミング悪すぎ。。。

今更現行のiMacもなんだし、どうせ今更なら先日CPUがアップデートされたばかりのMac Proを選択。

スペックはこんな感じ。

  • Intel Xeon E5 3.5GHz 6コア、12MB L3キャッシュ
  • Memory 16GB(4GB x 4)1,866MHz DDR3 ECC
  • 1TB PCIeベースフラッシュストレージ
  • デュアルAMD FirePro D500 GPU(1基につき3GB GDDR5 VRAMを搭載)

1TBのフラッシュストレージがとっても高い。>_<
でもこの容量は必要。

スペック的にはMac mini (Core i7, 16GB, 1TB PCIeフラッシュストレージ)って選択肢もありなんだけど、問題は発熱。
iMacでも発熱にやきもきさせられた。熱暴走もなんどか経験。ファンの音も気になった。
おそらくMac miniだと発熱の問題はもっと深刻なんじゃないかな。

Mac Proはいろいろ評判を見てるとすっごい静寂。発熱の問題も聞かない。
実際すっごい静か!
CPUの温度もツールで確認すると平常時で50度程度。iMacよりも10度くらい低いんじゃないかな。
それを大きなファンをゆっくり回して冷却するから風切音はほぼ聞こえない。

消費電力もUPSで確認すると、なんと平常時で100W程度。iMacより数十Wくらい低いんじゃないかな。

ちょっと高価だけど力強い相棒を手に入れました。^^

Ricoh Theta SC

このカメラ、すっごく面白い。
ずっと気になってたんだけど、性能も価格もこなれてきたので買ってみました。

IMG_0115.jpg

360°グリグリも楽しいけど、僕はリトルプラネットが大好き。こんな写真撮れるのはThetaしかないね。
オープンカーとの相性抜群。^^

smilemarkさん(@smilemark)がシェアした投稿

ベーアン欲しい熱

たまに自分の中で盛り上がるベーアン欲しい熱。(たぶんまた冷めるけど。w)

小さくて軽くて、そこそこ出力が大きくい(300W程度で)ベーアンが欲しくて、12インチ+ツィータ構成程度のベーアンでいいものがないかなと考えたりしてる。

手持ちのベーアンRoland DBASS 210(10インチ2発+ツィータ、400W)は大きいし(幅595mm × 奥行410mm × 高さ625mm)重い(24kg)。
ぜんぜん運ぶ気にならないんで、ほぼ不活用になってる。w

ふと思ったんだけどPA用のパワードスピーカーとプリアンプという構成はどうなんだろ。
ちょっと探してみると、こんなのがいいんじゃないかと思ってきた。

エレボイのZLX-12P
12インチ+ツィータ、1000W(D級アンプ)、高さ610 mm x 幅356mm x 奥行き356 mm、重さ15.6kg。
縦置き横置きも、いい具合にスラントしてモニタしやすそう。
価格もサウンドハウスで36,000円とむちゃくちゃ安い。

操作がすべて背面で音質とか音量の調整がしにくいので、ベース用のプリアンプが絶対に必要。
以前気になったPALMER Pocket Amp Bassが良さそう。
サウンドハウスで21,800円。

ベーアン買うより全然安いやん。でも実際、音とかどうなんだろ。

AVID MBOXのトラブル解決っぽい

このところ、使ってるオーディオインタフェース(AVID MBOX)が急に鳴らなくなって、Macを再起動するまで復帰できないなんてことが月に数回くらい起こるようになってちょっと困ってた。
(USB抜き挿しでも復帰しない。というか認識されなくなっちゃう。)

先日またこの症状が出た時にふとSETUP画面を見るとClock SourceがSPDIF(外部)になってて、Sample Rateが48k(使うソースはほぼ44.1kばかり)になってた。

設定をClock SourceをInternalにしてSample Rateを44.1kにすると鳴り始めた。
いつからこんな設定だったんだろう。触った覚えないのに。

ちなみにちゃんと鳴る状態でClock SourceをSPDIFに切り換えても鳴る。おそらく外部クロックが来てない状態では自動的にInterlnalになるんだろうな。それがなんかの誤動作でSPDIFに切り替わって鳴らなくなってしまってたんではないかと推測。

これで解決っぽい。
ドライバのせいだろうと思ってAVIDを見捨てようと思ってたんだけど、買い換えなくて良かった。w

スクリーンショット 2017-04-02 9.53.08

タイヤ交換

気がつけばだいぶSLKのタイヤの山もだいぶ無くなってきた。

以前交換してから2万7千キロ走行。
結構もったな。

満足いく性能だったんで、今回は迷わず前回と同じタイヤを選択。
なんと前回より安くなってる。ヘタするとトータルでタイヤ1本分の価格以下。w
これって間違いなく日本メーカーが高過ぎるんですね。

NEXEN N8000 225/40R18.Z 92Y XL 8,550円  x 2 (送料、税込)
NEXEN N8000 255/35R18.Z 94Y XL 10,850円 x 2 (送料、税込)
交換工賃(バランス、ウェイト、バルブ、廃棄料) 14,500円 (税込)
合計 53,300円(税込)

IMG_1368-Edit.jpg
以前お世話になったショップで交換。
通販で購入したタイヤをショップに直送して交換してもらった。
空気圧は280kPaにしてくれている。

IMG_1375.jpg
交換後、走り出してほどなくしてタイヤの異常を知らせる警告が。
タイヤが新しくなって外径が僅かに変わってこれまでと異なる回転差が発生したことを検知して出ちゃうんですね。
いつものようにディーラーでリセットしてもらう。ついでに1年ぶりにオイル交換(8L)も。^^

タイヤが新しくなってハンドリングもスムーズ、走行音は静かに、路面のギャップでのバタつきも減って、とっても快適。^^